下水道地域と共に歩んだ技術で、新たなニーズに応えます。

  • HOME
  • 事業紹介:下水道

企画・調査投資効果や地域特性を踏まえた下水道事業を目指して

業務内容

下水道における汚水処理適正化構想、下水基本構想等の企画、計画・設計に必要な各種調査

  • 汚水処理適正化構想
  • 下水基本構想
  • 処理区統廃合検討
  • 環境影響調査
  • 地質調査
  • 水文調査 等

新たな取組み

既存の下水道施設・設備について浸水リスク、耐震性能、老朽化等の対策について、投資効果を踏まえた企画提案を行います。

  • 管路老朽化調査
  • 処理場・ポンプ場施設老朽化調査
  • 管路耐震診断
  • 処理場・ポンプ場施設耐震診断
  • バイオマス利活用調査

計画・設計効率的かつ効果的な下水道整備を目指して

業務内容

都道府県、各自治体における下水道事業の課題を分析し、企画、計画から設計、施工監理まで下水整備を支援します。

  • 全体設計
  • 下水道事業管理計画
  • 都市計画決定
  • 都市計画法事業認可
  • 下水道法事業計画申請
  • 汚水処理事業統廃合申請
  • 下水処理施設基本設計、詳細設計
  • 汚水・雨水ポンプ場基本設計、詳細設計
  • 管渠基本設計、詳細設計
  • 広域汚泥処理利用計画・設計
  • 高度処理計画・設計
  • 汚泥利活用計画・設計
  • 浸水対策施設計画・設計
  • 合流改善計画・設計
  • 管渠内部有効利用計画・設計
  • 耐震対策計画・設計
  • 管路施工監理
  • 処理場・ポンプ場施設管理 等

新たな取組み

次世代の下水道事業を目指し、循環型社会の構築への貢献、強靭なインフラ基盤構築への貢献に向けた具体的施策を提案します。

  • バイオマス利活用による循環型社会の構築
  • 処理施設における太陽光、水力等の再生可能エネルギー活用
  • 下水加熱等、未利用エネルギー活用
  • シュミレーション技術を活用した浸水対策
  • 下水道事業の事業継続計画(BCP)

バイオマス利活用「いしかわモデル」の取り組み

主な実績と特徴

■下水道地震対策緊急整備計画(新潟県柏崎市)

中越沖地震の被災地である、本市において下水道施設の震災復旧状況を把握し、地震対策の合理的な優先順位の設定を行い、効果的な緊急地震対策整備計画を立案しました。

■バイオマス施設計画・設計(石川県珠洲市、中能登町)

珠洲市浄化センターにおいて下水道汚泥、浄化槽汚泥、し尿、生ごみの混合処理によるバイオマス施設を計画設計し、未利用エネルギー活用型技術として日本初の採択を受けました。また、石川県主体の産学官連携により開発した、中能登町の小規模下水処理場向けのメタン発酵システム「いしかわモデル」において、経験を活かし支援を行いました。

■新エネルギー等活用検討(大阪府)

渚水みらいセンター、鴻池水みらいセンター、川俣水みらいセンター及びポンプ場において、新エネルギーの情報収集整理、技術活用可能性検討を行い、小水力発電及びヒートポンプ冷暖房等の基本設計を行いました。

■消化ガスの有効利用検討(大阪市)

大野・中浜・放出・住之江・海老江の5箇所の下水処理場の消化ガス関連設備の更新・運用計画の策定、消化ガス発電、ガス供給・導管の有効利用方法の検討、及び法的課題、財源措置支援制度の検討に加え、PFI・DBO・PPP等の事業形態の適用検討や官民連携事業者の選定基準の策定等を行いました。

■シールド工法実施設計(東京都)

落合水再生センターからみやぎ水再生センター間の送泥管φ400を2条布設するため、首都高や地下鉄の下越による大深度で、φ2,600 ~φ3,500延長約10kmの長距離シールド工法、及び特殊人孔6 ヶ所、FEM解析18 ヶ所を含む実施設計を行いました。

■下水処理場設計(東京都)

東京都中野水再生センターの東側水処理施設について、静的非線形解析を含む耐震性能の確認と補強を行い、準高度処理施設として整備するため、実施設計を行いました。

■下水処理場の合流改善(東京都)

東京都中川水再生センターにおいて、耐震補強設計及び雨天時貯留施設を含む合流改善施設の設計を行いました。

■農業集落排水接続検討及び全体計画見直し(石川県珠洲市、羽咋市)

農業集落排水の廃止・接続検討やエリアマップの変更についての協議資料の作成に加え、全体計画の各種フレーム見直し及び認可計画の変更を行いました。

維持・管理ストックマネジメントの視点による効率的かつ効果的な改築・維持管理を目指して

業務内容

中長期の更新需要予測、財政シミュレーションなどに基づき都道府県、各自治体において最適な改築・維持管理を提案します。

  • 下水道ストックマネジメント計画
  • 管路老朽化診断
  • 処理場・ポンプ場老朽化診断
  • 管路改築・修繕計画・設計
  • 処理場・ポンプ場改築計画・設計
  • 管路長寿命化計画
  • 処理場・ポンプ場長寿命化計画
  • 管路維持管理事業計画
  • 処理場・ポンプ場維持管理事業計画
  • 処理場運転管理技術支援
  • 下水台帳システム整備
  • 処理場・ポンプ場管理システム整備
  • 排水設備管理システム整備 等
  • 受益者負担金管理システム整備

新たな取組み

経営、普及促進、施設運営管理、環境、防災等を総合的、戦略的にマネジメントするアセットマネジメントの取り組みを提案します。

下水道事業におけるアセットマネジメントの導入

  • ミクロ・マクロマネジメント
  • アセットマネジメントの導入

アセットマネジメントを支援するシステムの導入

  • 管路施設アセットマネジメント
  • 処理場・ポンプ場施設アセットマネジメント

アセットマネジメント相関図

アセットマネジメント支援システムの構成

主な実績と特徴

■不明水調査解析(三重県津市)

流量調査によるブロック別に流量解析を行い、ポンプ場のポンプ起動削減効果を含めた、不明水削減対策計画および施設再整備計画を策定しました。

■管渠長寿命化計画、基礎調査(島根県)

幹線管渠の物理的特性・経過年数・社会的影響等を踏まえ、優先度を考慮した効果的な点検調査計画と、緊急度評価および点検・調査マニュアルを作成しました。

■老朽化診断・評価(石川県小松市)

管渠の老朽化に伴い、対策や更新・改築のために診断を実施し、弊社独自の診断手法、評価手法の開発を行い、合理的な診断・評価を実現しました。

■管路施設維持管理事業計画(石川県かほく市)

維持管理予算の平準化とLCCの最小化を考慮したアセットマネジメントの観点で、管路施設維持管理事業計画を策定、併せてPDCAサイクルで維持管理事業を改善するための維持管理事業運営手順書を策定しました。

財務・経営次世代につなぐ下水事業の持続的発展を目指して

業務内容

下水道事業の経営状況を分析し、財政健全化に向けた具体的な取り組みを提案します。

  • 財政健全化計画
  • 経営診断
  • 下水道使用料金適正化検討
  • 企業会計移行計画
  • 企業会計移行支援
  • 固定資産調査・評価
  • 財務会計システム整備
  • 固定資産管理システム整備 等

企業会計移行の包括支援

新たな取組み

次世代につなぐ下水事業の持続的発展に向けた、健全な下水道事業経営の確立を目指す、官民連携等の具体的施策を提案します。

  • 中長期経営戦略施策支援
  • PPP/PFI等官民連携検討、可能性調査
  • PPP/PFI等官民連携への事業者としての参画
  • 下水道施設DB、DBO、DBOM

主な実績と特徴

■下水道経営計画の策定(滋賀県)

琵琶湖流域下水道高島処理区において、将来の農業集落排水の編入、起債償還費、平準化債と地方交付税の影響、及び維持管理人員の検討を行い、平成25年~ 34年度までの料金検討を含む経営計画を策定しました。

■地方公営企業法適用資産整理(滋賀県大津市、石川県津幡町)

企業会計移行(法適化)に向けての資産調査として、決算書を始めとする資産・工事関連資料の収集と整理を行い、将来導入予定の財務会計システムに柔軟な対応ができる合理的な整理手法を提案しました。

■財政健全化計画(福井県大野市)

下水道供用開始の準備段階として、下水道使用料金や受益者負担金の設定検討を実施し、多岐に渡るリスクを合理的に評価しました。これにより10年サイクルで資本費回収が可能な財政モデルの構築と、料金設定を実現しました。

財政見通し(資本的収支)
財政収支の推移グラフ