• HOME
  • 会社情報:さらなる地域への貢献の為に

会社情報

さらなる地域への貢献の為に

昭和22年に創立

弊社は昭和22年に「高柳水道調査設計事務所」として創立以来、水と環境のコンサルタントとして50年以上にわたり活動を進めています。昭和42年には、社名を「株式会社中央設計技術研究所」に改称し、水道、下水道、廃棄物・環境、情報処理の4つの分野について活動を行い、北陸におけるリーディングカンパニーとしての地歩を固めて参りました。

東京都下水道局受注、平成25年2位・平成26年3位の実績

東京都下水道局の受注において、上位にランクインし、全国レベルの実績を残しています。また、以下のような表彰等を受けており、技術的にも着実に実績を残しています。

  • 昭和52年・平成19年・平成27年/永年の水道普及の功績により厚生大臣賞を受賞
  • 平成6年/第34回下水道研究発表会において、「広域汚泥処理利用計画の研究(略称)」のポスター発表により最優秀賞を受賞
  • 平成10年/下水道事業団の第8回設計コンクールにおいて、「内浦町恋路浄化センター実施設計」で優良設計を受賞
第8回設計コンクール優良 設計受賞日本下水道事業団
第8回設計コンクール優良 設計受賞
厚生大臣賞受賞厚生大臣賞受賞

「ISO9001」「ISO14001」の同時認証取得

「お客様第一」を筆頭に掲げた経営理念を策定し、全社一丸の取り組みを進めています。その具体的な活動の一環として、平成12年8月に「ISO9001」「ISO14001」を同時認証取得し、さらなる品質改善活動及び環境改善活動を実施しています。
 平成14年11月には、地球温暖化防止実行計画を策定したことに対して、金沢市より、温室効果ガスの排出削減に積極的に取り組んでいる企業として認定を得ています。
 また、平成16年2月には、「ISO14001を導入して環境保全活動に取組み、かつその成果が顕著である」事に対して石川県より「いしかわグリーン企業知事表彰」を受賞しました。

写真:焼却灰最終処分場MSA-QS-654
MSA-ES-53
写真:焼却灰最終処分場
ISO9001・14001
写真:管理棟認定証

「プライバシーマーク」の付与認定

 プライバシーマーク

お客様の大切な個人情報をお預かりする企業として、個人情報保護方針に基づき、お預かりした個人情報を正確・安全に取り扱う取り組みを行って参りました。今回、その取り組みが評価され、平成21年8月17日に、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」の付与認定を受けました。
「プライバシーマーク」を通して、お客様の大切な個人情報の重要性を再認識し、更なる個人情報の保護に努めて参ります。

次代のニーズを踏まえた技術開発と提案

各種技術パンフレット 各種技術パンフレット

今日、建設産業を取り巻く環境は、財政の健全化に伴う公共事業の見直しにより厳しい状況にあります。加えて、国際化、高度情報化、高齢化等により、社会基盤整備に対するニーズが大きく変化し、エンドユーザー(国民)の視点から「良いものをトータルで安く」提供することが求められています。これに対応すべく、弊社は「各分野において今後どの様に貢献するのか」をテーマに様々な課題に取り組み、次代のニーズを踏まえた技術開発を推進しています。その成果は、以下に示すとおり、対外的に積極的に発表しています。

  • 下水道研究発表会、全国水道研究発表会、廃棄物学会研究発表会に出稿
  • 平成18年、23年、27年に下水道展へ出展
  • 平成14年に電子自治体フェアへ出展
  • 平成15年に第3回世界水フォーラムへ出展
  • 平成26年、27年に水道展へ出展
  • 平成27年に国際水協会(IWA) 戦略的アセットマネジメント会議に参加

ACKグループとしての総合技術の提供

 プライバシーマーク

ACKグループ各社との積極的な人材や技術の交流により、総合的な技術やサービスを提供する事が可能となりました。また、業務領域や営業エリアにおける相互補完が可能となり、活動のフィールドを制限することなく、あらゆるニーズに対して、ワンストップサービスでこたえていきます。

地域密着型コンサルタントとしてのさらなる貢献

地域密着型コンサルタントとして、お客様が何を求め、我々に何が提供できるかを常に考え、真に信頼される技術やサービスをご提供し、地域の社会基盤整備にさらなる貢献が出来るように全社一丸となり、全力を尽くして参ります。