• HOME
  • トピックス
  • 株式会社中央設計技術研究所、株式会社白山瀬波 地域活性化イベント『白山の猟師と行く春グマ猟体験』を開催しました。

トピックス

2016年

株式会社中央設計技術研究所、株式会社白山瀬波 地域活性化イベント
『白山の猟師と行く春グマ猟体験』を開催しました。

更新日:2016年3月28日

平成28年3月27日(日)に、『白山の猟師と行く春グマ猟体験』を開催しました。現在、増え続けるサル、イノシシ、ニホンジカ対策として“森の番人”である狩猟者の役割が今、見直されています。

当イベントは、これからの若手ハンターを増やすべく、リアルな狩猟の現場を体験出来るツアーとして開催し、当日は、県内各地から総勢24名(20代~60代の男性20名、女性4名)が参加しました。

前半は3グループに分かれて約4時間、春熊を探しながら山頂付近で昼食し、参加者の方々と世間話などにも花を咲かせ、楽しく山を歩きました。残念ながら本命の熊とは会えませんでしたが、カモシカやクマタカ(鳥)を観察し、途中でサルの軍団との鉢合わせもありました。

後半は地区公民館で、地元ハンターの方が講師となり、銃(ライフル銃、散弾)や火薬玉等の紹介、体験談といったお話しの他、実際の熊猟状況動画の上映等を行いながら、猪汁や子猪焼肉、猪ジャーキーで食事をしました。

これからも地域の方々や各種団体と連携しながら、地域活性化に向けて積極的に取り組んで参ります。

以上

<本記事に関するお問い合わせ先>
株式会社中央設計技術研究所
TEL:076-263-6465
FAX:076-262-9442
プロジェクト開発部 西原

開催とスケジュール説明の状況
開催とスケジュール説明の状況

山頂付近から見た霊峰白山

急斜面を登山する参加者

山頂付近で熊を探す参加者

山頂を目指す参加者

下山中の参加者

会社紹介(白山瀬波広崎本部長)

地元ハンターの方々(左下)
猪汁と子猪焼肉(左上・右下)
開花を待つカタクリ(右上)

一覧へ戻る