• HOME
  • トピックス
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止対策として「飛沫対策空気清浄機」を導入しました

トピックス

2021年

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として「飛沫対策空気清浄機」を導入しました

更新日:2021年2月24日

 

 弊社の新型コロナウイルス感染症への対策状況につきましては、2020年7月16日の弊社ホームページトピックス(https://www.cser.co.jp/topics/topics_2020-07-16.html)においてご案内しているところでありますが、 その取組の一環として、「降雨・降雪」や「冷気」といった天候により窓を解放しての換気が十分に実施できない場合を想定し、また、新型コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症予防のために、「浮遊するウイルス」を除去する性能を有する空気清浄機の導入を致しました。
 2020年11月から順次、本社、各拠点に導入を開始し、導入後には「室内で空気清浄機が稼働していると、場所は取りますが、安心感が違います。」、「設置前に比べ、室内空気がおいしいような気がします。」との感想が社員から寄せられております。
 さらに、導入経緯、導入後の様子などについて、納入メーカーである「株式会社 トルネックス」社が発刊する「TORNEX MAGAZINE」に導入事例として掲載されましたので、ご紹介いたします。
 引き続き、弊社では、感染拡大防止の徹底、社員の安全・健康の確保を最優先に、関係各所と連携し、対応してまいります。


導入事例の記事はこちら

一覧へ戻る